SEOとしても疎かにできないサイト紹介文

運営サイトのSEOを考える上で、検索結果に掲載されるサイト紹介分は重要な存在になります。
これはメタディスクリプションとも呼ばれる存在ですが、利用者が検索結果に表示されたサイトの内容を判断する為の貴重な情報源になります。
そこに利用者が興味を示す内容があれば、クリックしてもらえる可能性が上がります。
逆に興味を引く内容が掲載されていない場合、基本的に利用者はそのサイトをクリックすることはなく、スルーしてしまうことになります。
この場合では運営サイトが検索結果の上位に表示された場合でも、利用者のクリックが得られませんから、訪問者数を増加させることにはつながりません。
そのことからも、サイト紹介分は疎かにできない要素であることが分かります。
ただしサイト紹介文は120字までにまとめることが望ましいですから、その字数で適切に仕上げる必要があります。
長文でも記述することはできますが、120字前後までしか表示されませんので、SEOとしてサイト紹介文を設定する場合では、一つのポイントになっています。

ネットでの集客方法

アーカイブ